×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

花粉症 レンコン 乳酸菌

花粉症への対症療法と根本療法

花粉症の方は、毎年、春先になると花がムズムズしてきてイヤ~な気分になっちゃいますよね。

お医者さんからもらうアレルギー用の飲み薬にしても、人によっては、飲むと喉が渇いたり、眠くなったりするので安易に昼間に飲めなかったりします。

また、妊婦さんなどは当然飲めないですしね。。。

そもそもクスリといっても、根本的に症状を直しているわけではなくて、その症状を抑えてるだけの対症療法です。

その薬を毎年飲み続けるのも、体の負担などを考えるとちょっと心配なものがあります。

でも、もし花粉症に対して「体に優しく」「体質改善などの根本的な」治療の方法があったら素晴らしいことだと思いませんか?

実は、そんな治療の方法を発見した方たちがいらっしゃるんです。

花粉症にレンコンと乳酸菌という発見

研究により発見をしたのは、埼玉医科大の和合教授と日本アレルギー応用研究所という医薬品メーカーです。

和合教授と日本アレルギー応用研究所は、5年の研究の末、
レンコンのエキスと乳酸菌の配合物が花粉症を初めとするアレルギーに対して効果がある
(アレルギーの原因となるIgE抗体の増加を抑える効果がある)という発見をしました。

ニンニク、ニラ、ネギ、タマネギ、シソ、レンコンとそれぞれのエキスを飲み続けたところ、6種中で、レンコンが最も効果が高かったとのことです。

だから、レンコンだけでもある程度のアレルギー反応を抑える効果が見込めるものですが、和合教授らはさらに乳酸菌にも着目しました。

乳酸菌は腸内に届くことにより、機能低下や老化などによる体の不調を防ぐ効果があります。

この乳酸菌とレンコンとを配合して一緒に摂取すれば、抗アレルギー性が相乗効果で高まるのでは、と考えたんですね。

そして結果は、乳酸菌とレンコンの抽出物を含むサプリメントを摂取すると、花粉症の方のうちの81%が症状が改善されたという結果が出ました。

花粉症の方にとって、レンコンと乳酸菌の混合サプリメントは素晴らしい効果ですよね。

レンコンも乳酸菌も自然由来の食材ですので、体にとって優しいことは間違いありません。
また、食事療法というのは、体質を改善して症状を根本から和らげる方法ですので、これまでの対症療法的な方法とも異なります。

またさらに、アレルギー症状の原因とされるIgE抗体が減少しますので、
 「気管支喘息」
 「アトピー性皮膚炎」
の軽減も認められたそうです。

花粉症だけでなく、気管支喘息やアトピーにも効果が見られたのです。

これも喜ばしい人が多いのではないでしょうか?

自分で研究内容を再現する?

レンコンも乳酸菌も手に入れるのは簡単ですから、自分でレンコンと乳酸菌の配合物を
作ろうと思えば作れるでしょう。

レンコンの煮汁などをつくり乳酸菌を加えれば出来上がりです。

しかし、アレルギーに対して効果を最大限に上げるためには、
レンコンと乳酸菌を配合を適切に行う必要があります

より効果を高めたいのであれば、研究内容に忠実なサプリメントの方がよいのは
言うまでもありませんよね。

もし、あなたが今花粉症で苦しんでいるようなら、なおさらだと思います。

花粉症にレンコンと乳酸菌をベストバランスで飲む

この研究内容を最もよく知るのは、
実際に研究を行った埼玉医科大の和合教授と日本アレルギー応用研究所です。

この日本アレルギー応用研究所というのは、2001年に「株式会社レオリン」が設立した研究所です。

その株式会社レオリンから、
レンコンと乳酸菌を配合したサプリメント「蓮のちから」が発売されています。

また、株式会社レオリンは当時の研究で使用したサプリメントを提供していたメーカーです。

研究に近いところにいますので、ノウハウはどのメーカーよりも豊富です

だから、花粉症の改善にレンコンと乳酸菌を試すならまずコレだと思いますよ。

「蓮のちから」